最初から存在していないもの 

e0068684_22333276.jpg




                 最初から存在していないものを
                   最初から愛していた


                 木の無い道を歩きながら
                   ことばを託せる葉をさがし続けた


                 雨音が薄く聴こえるような隔たりを
                   自分で作って 相手を守った


                 共有する水辺に こんこんと光は湧き
                   顔の見えない理由は
                   眩しさのせいだと信じた


                 最初から無いものは 
                   終わりもつくられず
                   私たちはしあわせのままだった










 
   
[PR]
# by alex_zone | 2009-01-19 22:36 | 読んだひとへ
 苦手な月

e0068684_22205446.jpg



               見映えのよい解釈を無視して
               飛び乗った列車には
               後悔の吊り革が揺れている


               まわりを囲む
               高速移動の集団は


               秩序の海図を読み解く
               スキルだけを素肌に巻いて
               二本足で上手に立っている


               朝が早過ぎて
               まだ男とも女とも
               カテゴライズされていない青い顔には
               車内アナウンスよりも
               ドアの開閉音がよく似合う



               終わりを啓く
               十二月の吊り革は
               苦手を説かれそうで
               永く掴むことができない


               雪の月
               滑りやすい足もとに
               慣れてしまったわたしは


               何を支えに
               自分を保てばよいのだろう









 
[PR]
# by alex_zone | 2008-12-26 22:24 |
 ダイジョウブ A/Y


e0068684_1740688.jpg






                  少し驚いた
                  判りやすい異変を備えて
                  現れたから


                  きみはダイジョウブだよ


                  その椅子のお陰で
                  花の咲く地面が
                  近くなっただけのこと











                   
[PR]
# by alex_zone | 2008-12-04 17:43 |
 転がるダイスを見せる駅

e0068684_2341166.jpg



                 約束を持たない駅に
                 戻らない秋を本にはさんだまま
                 コートの襟を立てて入り込む


                 ( 起点の条件は 朝一番であれば良く )


                 人差し指が書かれた切符を
                 白紙の時刻表にかざすと
                 私と 私の本は
                 待つことだけを許された駒になる


                 横書きの活字の並びの美しさを
                 手にしたあとは
                 ダイス次第でどこまでも進むしかない


                 ( 時間とは そんなもの )


                 やがて
                 朝霧にかすむ丘から
                 緊張を抱えた鋭い眼光が見えると


                 口の無い駅員が現れて
                 鳥を操るように
                 両腕を泳がせながら


                 獰猛な息を吐く列車を
                 ホームに誘導し
                 高温の体を伏せさせる


                 ( 約束の無い駅の 一幕ものの見事なステージ )


                 私の本はその時から
                 鳥を操る彼の物語を書き始め


                 私は生まれたときに持たされた
                 悲しみの終点をさぐる線から
                 降りるすべを
                 知ろうとはしない










               
[PR]
# by alex_zone | 2008-11-11 23:45 |
 オカエリナサイ

e0068684_20572691.jpg



               街を噛む 
               秋の西日は
               人から影を切り離し


               独りを
               ふたりに見せている


               跳ねている
               もうひとりのあの子を
               抱きしめる影も
               言葉を持つのだろうか
[PR]
# by alex_zone | 2008-10-16 20:59 |
 みんみんみーん

e0068684_22232810.jpg




              蝉がたくさん鳴く時期は
              道にも蝉が落ちている


              転がったまま腹をひろげ
              もはや動くことをしなくなった蝉たちは


              あやうく踏みそうになった
              私を怖がらせ
              瞠ったままの眼の奥に着床すると
              順番に鳴き始める


              その声の力強さに
              樹上との差は無い


              精一杯 
              空を鳴きつくして
              私を鳴きつくし
              爽やかな青に身を変えるころ
              八月の輪郭もそろそろ薄くなる
[PR]
# by alex_zone | 2008-09-01 22:34 |
 波の階段

e0068684_18265476.jpg



              きみは きみは と言うたびに
              あなたがひとつ沈んでゆく


              求めたり 求められたり を知るたびに
              わたしの水晶体が壊される


              波の階段をあるく
              濡れたわたしの両膝に
              かさなる泡のラップ音


              岸を遠ざけるように
              手持ちのあなたを落とし続け
              結んでおきたい記憶まで
              人差し指から水に泳がす




              苦しいのは
              いないことではなく
              苦しいのは
              近過ぎること




              波の階段をあるく
              わたしの視えない眼で感じる
              白が沸騰し続けるあの水平を
              あなたと信じて叫んでみる





               






              
[PR]
# by alex_zone | 2008-08-21 18:30 |
 夏のせんたく 

e0068684_20583351.jpg



               夏のせんたく 1


               右に走るか
               左へ進むか。


               ふたつにひとつの選択しか無いように見えても
               どちらにも行かないもん とか
               真ん中に道を造ったるわっ など
               自分次第で 実はどうにでもなったのだと思う。
               言い訳を用意しないで歩く。


               じりじりと影まで暑い夏の線路。








e0068684_2104588.jpg



              夏のせんたく 2


              絵を搬入する裏口にバケツを発見。
              古い施設の裏に回ると
              管理する人の生活用具が見えるから
              つい覗いてしまう。


              この時期 よく乾きますよね。
              夏のせんたくもの。







         
[PR]
# by alex_zone | 2008-07-18 21:09 | 読んだひとへ
 忘れないよ

e0068684_215218.jpg



                 忘れないよ
                 忘れないよ
                 忘れないよ
                 忘れないよと手を振った


                 球の切れた街路灯
                 重みで視界を遮る木の葉
                 焼けすぎて落ちるしかない錆びた太陽


                 忘れないよと手を振った
                 見える限りの
                 人じゃないものに









               
[PR]
# by alex_zone | 2008-06-30 21:12 |
 カフェ

e0068684_214614.jpg



               賑やかな影の去った店内で
               籐の椅子をテーブルに
               伏せながら


               床に落とされた
               使い捨ての会話を
               ていねいに掃き取る


               それはいつもの仕事
               あなたが選んだ その店で





               風が扉を叩くと言っては
               敏感に外を見ていた


               あなたの侵入者は
               どんなセキュリティも破るほど
               あなたを狂わせていたとして


               待っていたのは
               何を最後にさせる客なのか
               閉じてしまいたかったのは
               誰を入れたままのドアなのか





               私には
               とても解らなかった
               本当はね と言うたびに
               変わる気持ちが有るなんて





               窓越しの夜に引き継がれる
               無伴奏に響き渡る後悔が
               あなたの問い顔を
               いっそう美しく見せている



               
[PR]
# by alex_zone | 2008-06-19 21:31 |
 制服

e0068684_20302287.jpg




               コンコースにつながる階段
               仮眠を終えた駅員の
               たしかな足取り
               かんたんに追い越してしまう
               iPod まみれの凡庸を


               雨の車を誘導する
               サイズの合わない服を着た 
               小柄な女の警備員
               容赦のない采配で
               苛立つクラクションを流れに戻す


               安全靴をはいたまま
               充填機の設計図を確認する
               作業服の内ポケットには
               おぼろげな予定と
               サッカーのチケットが入っている






               夕空に指示された
               帰宅信号を見もせずに
               制服を着たひとたちは
               仕事という
               夜のボタンを留めなおす


               おつかれさま は
               まだ遠く
               脱いだらキスから始めよう












                    
[PR]
# by alex_zone | 2008-06-09 20:44 |
 時が来たならサヨウナラ
e0068684_2220773.jpg




                 飛ぶ気もないのにタンポポは
                 散り散りになりたがる
                 時が来たならサヨウナラと


                 行く宛てもないのに
                 不埒な風に手をつかまれ
                 この楽園を出ると言う


                 ため池のフナに呑まれるかもしれない
                 獰猛な獣の尻尾に入り込むかもしれない


                 クモの古巣に落とされエサにもなれず
                 工事車両の轍に着地するのが
                 精一杯かもしれないのに




                 それでも 
                 ただの一本くらいは 
                 神様が運んでくれるだろう


                 手を引かれて歩き始めた子供の
                 やわらかな
                 ふとんのような鼻の上に

















e0068684_22203678.jpg


                   
[PR]
# by alex_zone | 2008-05-20 22:31 |
 この春に撮ったもの

e0068684_18341663.jpg







             鯉のぼりを撮りに出て

             チューリップを写してきた。

             好きな鯉は空にいなかった。























e0068684_1834342.jpg


     
[PR]
# by alex_zone | 2008-05-08 18:35 | 日常
 聴いて

e0068684_20175983.jpg



              鳴いている親鳥の
               声の終わりはいつも判らない
              音の包帯は確実に
               震えるヒナに届くといい



              雨で境をなくした車窓に
               額をあてて揺れを聴く
              過去に向かって流れる律は
               私を弱らせてくれるといい



              耳に残る呼びかけも
               宵に交差するひとがたも
              愛を知る君だけが
               気持ちよく聴けばいい



              たった今 窓外をかすめた
               河原の草の輪唱ほど
              悲しい聴き物はないと
               教えたくても もう見えない






                      
[PR]
# by alex_zone | 2008-04-21 20:21 |
 紅潮
e0068684_2131014.jpg




               ふくらみの中から
               聞こえてくる
               光のこどもをあやす
               やわらかな声


               冬の厳しさを
               くぐり抜けた誇りと
               春を産み落としたばかりの
               昂ぶりを見せて


               ちゅーりっぷの頬の紅潮は
               四月の雨によく馴染んでいる












              
[PR]
# by alex_zone | 2008-04-11 21:03 |
 濡れるほどの雨ももたない
e0068684_8194184.jpg



                 濡れるほどの雨ももたない
                 観念の散歩道


                 ページをめくるように
                 青葉のカーテンを掃い
                 活字をひろうように
                 花のあごを持ちあげて
                 その意味を吸う


                 香りを放つトンボは
                 羽化したばかりの救いの思考
                 ふさわしい翅音をたてて
                 胸の迷いをさがして食べてくれる


                 氷が張った朝曇りの水に
                 冬鳥をまねて足を下ろせば
                 きもちよく割れる
                 常識という繁茂の鎖



              
                 書きすぎて
                 私のものでなくなった悲しみを
                 天空が受けた傷口から
                 流れるひかりで磨くから


                 もういちどここで
                 裸の言葉を見てほしい
                 初めてのときのように








                         
[PR]
# by alex_zone | 2008-03-24 23:10 |
 花かんむり

e0068684_16504835.jpg




               戻る故郷を創り忘れたせいで
               風が吹き荒れる今日の原にも
               故郷の名前を被せては
               懐かしいと言って 束ねて数える


               足跡を付けただけの道でさえ
               思い出を撚る 貴重な糸にして


               そうして束ねた水色の花かんむり


               言われそこねたサヨナラを
               言うためにだけ出逢いを探す
               

               




               









                

[PR]
# by alex_zone | 2008-02-29 17:05 |
 ひとつめ

 
e0068684_22264016.jpg



              年月に濾過されて 
              より純粋になる君の軌跡


              譜面台に干されたまま
              誰にも触らせなかった花びらの遺言は
              庭に埋めたカブト虫が咲かせた曲だと
              君が決めたそれが 
              かなしさのひとつめ


              薬袋の中にコトリと落とした
              金属の匂いのするパスワードを
              朝と晩に飲むことは
              君の顔を歪めさせたそれも
              かなしさのひとつめ


              記憶のフィルタに手を振り
              濡れた服を脱ぎ捨て
              飛行機雲の先端に飛び込んだ
              目の奥の映像が寒さに沁みる


              君が教えたエナジーの期限を
              この家では花だけが習得し
              時期が来れば鮮やかに倒れるそれを
              幾つめのかなしさにしようか









                    
[PR]
# by alex_zone | 2008-02-11 22:30 |
 冷たくて

e0068684_1101977.jpg



                線路の上を冷たいね
                走っていたのは 無口な氷


                スライスされて朝方に
                寂しいだろう 独りの月よ


                眠っていたのか胸膨らませ
                スズメの一羽 枯野を忘れ




                帰ろうかな
                そう想いながら


                二月は外に縛られている






                   
[PR]
# by alex_zone | 2008-02-03 01:14 |
 受験/擦過音

 
e0068684_15184079.jpg




                新鮮な冬の果物が
                雪となって着地する
                白いままを齧ることは
                擦過傷をつけることに似ている




                町の誰よりも早く
                駅に着いたはずなのに
                到着した電車には
                青い顔をした
                見知らぬ仲間が乗っていた


                教室を染めている
                華やかな緊張のせいで
                室内温度は上がっていても
                視界の端に絶えず降り続けている白が
                自分の掌にも降っているようで


                思わず息を吹きかけて 
                周りを見渡した


                浪人が決まった一年前から降っている
                そんな 白を持っていたから



                やがて
                アナウンスが始まり


                受験票が載せられた机からこぼれる
                鉛筆と紙が戦う擦過音は
                後の席から聞こえる
                憚るような咳の声と
                同じ傷の色をしていると思った









         

                        
[PR]
# by alex_zone | 2008-01-20 15:22 |
 会社に行く

e0068684_17122813.jpg





      まだまだ仕事に行く
      がんがん仕事が有る
      年内は倒産する気がないってことか
      あの会社は


      自作のカレンダー(↑の画像など)は発送を終えた
      大掃除は何も壊さずサクッとやった
      年賀状はできる限り明るい文で書き終えた
      (しかし 年が明けたからといって 何がどこが誰がめでたいのか)
      知り合いからダウンタウンのDVDを借りた
      (ああ 借りているって緊張する きっと見ている間緊張する)
      (この張り詰めた空気は笑いにどう影響するのだろう)
      (いや しないです)


       私はもう冬眠していたいのに
       うっすらと泣きたいくらいしたいのに
       あの会社は起きている


       電車通学の子供たちが休みに入り
       車内は低い声だらけになっている
       病院は早々とバリケードを張り
       私は病気にならない誓いを立てた


       なのに
       あの会社は創始者の頑丈な心意気を継いで
       倒れる気はない 年内は





         
[PR]
# by alex_zone | 2007-12-26 17:21 | 日常
 背中
e0068684_029584.jpg






                紺青が響く岩穴で
                癒し終えた魚は背びれを使い


                浚いの風を選り分けながら
                群から堕ちた鳥は羽を使い


                進もうとしている
                より自由な個が遊ぶ宇宙へ
                心の軸足をぶらさぬように






                きっとそれは
                外れものに備わった
                本能のようなもの






                窓を見ることが多くなった君も
                飛び出すための何かを描かれて
                生まれてきたのでしょう


                その敏感な背中に










                         


                   
[PR]
# by alex_zone | 2007-12-20 00:44 |
 かたち無き者

e0068684_2014061.jpg






                繋いで結ぶ手指が無い

                流して晴れる涙が無い

                触れて重ねる口が無い




                 引き摺るほどの影も無く

                存在を示す靴音も立てない




                きみの残酷なマウスが遮断する

                私という かたち無き者の行方
















e0068684_20163738.jpg
                 
[PR]
# by alex_zone | 2007-12-01 20:19 | 読んだひとへ
 11階

e0068684_1494457.jpg



             伯父さんは長年住み慣れた茨城の平屋を
             ひとり娘の夫婦に渡し
             勤める会社に近いビルの 
             11階に引越しをした


             自分の部屋までに乗るエレベーターが嬉しくて
             乗り合わせた住人に
             これホントにいいですね
             と 頻繁に話しかけている


             エレベーターはビルに合わせて狭く
             これでは自分が死んだときに棺を下ろせないじゃないか 
             と 急に心配になり
             いやいや俺は病院で死ぬから 
             そこから焼き場に直行すればいいサ 
             と 思い直して笑っている


             老いた骨だらけのビルには碁会所が有り
             そこで伯父さんは孫ほども歳の離れた子供との
             対局を楽しんでいる


             伯父さんは仕事を終え 
             食事も終えた夜になると
             ベランダに出て寒くなった風に吹かれながら
             煙草をふかすのが日課になっている
             いやいやもう一人なのだから 
             気兼ねなく部屋で吸えばいいのにサ 
             と 笑いながら言う


             茨城に住む娘さんのおなかは大きくなり
             来春には男の子供が生まれるらしい
             伯父さんも 伯父さんの父親も 
             そのまた父親も同じ家で生まれ 
             その家で存分に愛されて育ったように
             初孫も家に棲みついた沢山の
             有象無象が放つ愛を感じながら
             すくすくと育つことだろう


             藁束を持った座敷わらしや
             井戸のそばに来る痩せた狐の親子
             案山子かカッパかで争った障子の人影
             おなかの大きな娘さんに思い出話をしてみても
             今は首をかしげるばかりだそうだ
             ジブリの話じゃないんだぜ 昔一緒に見たのにサ 
             と そのときだけは寂しそうに笑った


             11階は高くて
             筑波山はよく見えるのに
             裾野にある家はまるきり見えやしない 
             と それでも楽しそうに言う






             伯父さんは11階を気に入っていて
             どんな事でも笑いながら話す人だったけれど
             これからの人生について 
             話をすることは無かった


             伯父さんの未来は11階止まりで
             選んだ部屋のベランダと窓は
             筑波山より垣根が高い
             あの家に向かって
             まっすぐ開いていた














e0068684_1416157.jpg

[PR]
# by alex_zone | 2007-11-17 14:19 | 日常
 『朗読者』ベルンハルト・シュリンク
e0068684_0125028.jpg




                波音が聞こえる


                砕けた葉のかさなりから
                かしいだ枝のはじきから


                こがねの糸で縫い合わされた
                光と風のさざ波は 
                ひとかさねごとに会話を閉じて


                波音だけが聞こえる


                本をめくるあなたの
                文字が寄生した指さきも


                朗読をせがんだハンナの
                部屋から出てこないあなたの心も


                今は波音に渡して



             




                         
[PR]
# by alex_zone | 2007-11-05 00:14 |
 どんぐりの日々

e0068684_233229.jpg



             尾を引いて地に落ちる
             カウントするたびに仲間を増やす
             靴の下で確信された
             地球という生物体の堅さ


             わずかな秋に追いかけられて
             奏でる寒さも 
             もう取替えがきかないね
 

             息をかけて実を握る 
             6度3分の体温を送る
             
  
             黒鍵の墜ちる空に謝ってみる
             落葉樹に罪を着せること
             時の変化をさわること
             それでもまだ
             願うことは余りある


             ポケットの中はどんぐり
             


             








                      
[PR]
# by alex_zone | 2007-10-20 23:11 | 読んだひとへ
 忘れもの
e0068684_139127.jpg



             記憶があなたを助けても
             ひとつの忘れ物が戻らない


             
[PR]
# by alex_zone | 2007-10-08 13:14 |
 波はどこまで

e0068684_2347577.jpg



               画かれなかった月のようです
               夜と決めるには何かが足りなくて


               独りで漕ぐ舟に
               波はどこまで優しくしてくれますか
               巣に帰る鳥たちと引き換えの
               闇は嫌いではないけれど
               眠りたくない刻には深い


               遠ざかる橋の欄干に手をかけて
               見送る人も帰りは一人になりますね
               満たされていれば悲しくはないと
               手紙をボトルに入れました


               優しい波ならば届けてくれるでしょうか







                
[PR]
# by alex_zone | 2007-09-09 23:51 | 読んだひとへ
 空に抜ける

e0068684_20473717.jpg




    
              舞台はどこにでもある
              脚本は毎日書き直されている
              あなたが存在しようとするから


              昼も夜もライトは追い続ける
              決められた立ち位置から外れて
              想うままに走るあなたを捜して


              霧の指定席に縛られたまま
              私ひとりが眼を凝らして定点観測をしている
              ( この舞台が永遠でありますように )
              星に喩えるのが怖い


              あなたの時の流れを
              既成の概念で計りたくはないのに
              腕時計が噛んだ左手首の痕を
              人差し指で確かめてしまう癖がある


              私の代わりに空に抜ける
              矛盾の無い晩夏を
              ここで泣かせてしまおうか




                     
             
[PR]
# by alex_zone | 2007-08-26 20:57 |
 2007年 電柱

e0068684_21371438.jpg




              夏を一箇所に寄せて
               擬似樹木で semi が鳴く


              休み無く電力を送る枝には
               semi に影を与える葉の一枚も無く


              チラシが貼られた幹には
               喉を潤す樹液も出ないが


              通り過ぎようとした会社員の足を止め
               捕虫網を抱えた少年時代を思い出させている




              学校のプールに入る前の
               消毒液の匂いが鼻先に甦る


              鏡の反射を眩しそうに見ていた 
               あれは 生まれたばかりの妹


              魚がかかる度に父を呼び 
               大袈裟に褒めてもらった河


              ふざけて回した花火で負った 
               傷痕をいつまでも心配していた母


              初めて店で触れたギターの
               痺れを伴う音の強さ ネックの太さ





              あの頃想像していた未来の自分は
               こんな疲れたスーツ姿だったろうか







              燃えるエアコンにパワーを送る柱で
               充電を続ける semi が声を高める


              高層ビルの中で立ちすくむ
               かつての少年とユニットを組もうと









                 
[PR]
# by alex_zone | 2007-08-10 21:45 |



写したものと書いたものを投げっぱなしにするサイト。
by alex_zone
works
カテゴリ

読んだひとへ
rasterizationによる詩
日常
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧